肌の負担を抑えて自然な仕上がり|ミネラルファンデーションで肌綺麗

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

日焼けにアフターケアを

鏡を見る婦人

日焼け止めだけで防げない

肌にとって天敵となるのが、夏の日差しによる日焼け問題です。紫外線が強い夏の時期は、外に出ると紫外線によって肌がダメージを受けてしまいます。日焼け止めを塗って日焼けを防ごうと思っても、100%防ぐことはできません。日焼け止めを塗っていたとしても、長時間外に出ていたら、紫外線によって肌にシミができてしまうこともあります。そこで、紫外線からのダメージを防ぐために、日焼け止めだけではなく、アフターケアを取り入れるのも1つの手です。ダメージを受けた肌をビタミンc誘導体の化粧水でケアしてあげることによって、紫外線によってできるシミを防ぐことに繋がります。またビタミンc誘導体の化粧水は、メラニン色素を抑制できるため、美白効果も期待できます。

高い浸透力に注目すべし

ではシミ対策でビタミンc誘導体の化粧水を取り入れる場合、どのような商品を選べばいいのでしょうか。ビタミンc誘導体が配合されている化粧水ならば、どれを使っても同じかというと、そのようなことはありません。ビタミンc誘導体は、濃度などの違いによって、浸透性や即効性に違いが生まれます。その違いを考慮したうえで、自分の肌に合った商品を選ぶことが大切です。濃度の濃い商品の場合、敏感肌の方は肌荒れの原因となってしまうこともあります。特に初めて使う商品の場合には、テスターを使用して自分の肌に合っているか確かめることも必要です。1人1人肌の状態は異なるからこそ、自分の肌に合ったビタミンc誘導体の化粧水でケアを行いましょう。